Site Overlay

レンジローバーのモデルごとの相場を知ろう!


1代目モデルから3代目モデルの相場

高級SUVの代名詞とも言えるレンジローバーは、日本国内でも人気の輸入車です。そんなレンジローバーは中古市場においても人気があり、新車ではなく中古車で購入する人も多いことが特徴です。レンジローバーはこれまで4世代のモデルが登場していて、初代のモデルは1970年から1996年にかけて販売されていました。初代モデルの中古車の相場ですが、こちらは古くても一定の需要があり、状態が良いものだと150万円前後で販売されていることがあります。そして1995年から2002年に販売されていた2代目と2002年から2013年にわたって販売されていた3代目レンジローバーは各モデルの中で相場が最も低い傾向にあり、100万円前後で購入することが出来るようです。

相場は高いけどオススメは4代目モデル!

レンジローバーの現行モデルは2013年から販売されている4代目モデルです。ただし、中古車とはいえ高い価格がつけられており、200万円前後が相場となっています。しかし、レンジローバーを新車で購入すると最低でも500万円はかかってしまうので、そういう観点で見れば中古車はやはりお買い得だと言えるでしょう。もし、今からレンジローバーの中古車の購入を考えている人には、多少値段が高くても4代目モデルの購入をオススメします。古い年式のレンジローバーを購入しても車検などの整備で結構な金額がかかるので、これから長く乗ろうと考えているのならパーツの消耗が少ない現行モデルの方が維持費が少なくて済みます。また、現行モデルは先進的な安全装備も充実しており、他のモデルよりも快適に運転することが可能です。

イギリスの名門自動車メーカーの人気ブランド、レンジローバーの中古車が今注目です。バラエティがあり価格面でも選択肢豊富です。