Site Overlay

中古車のカーリースを利用するメリットデメリットは?


中古車なら更に安くカーリースできる

カーリースは、購入するよりも毎月の支払額が安くできる新しい車の乗り方です。
そのカーリースを新車ではなく中古車にすることによって更に安くできるため、できるだけ費用を抑えたい人にとっておすすめです。
そしてカーリースは、万が一故障した場合でも契約内容によっては契約者が一切負担することなく修理してもらえるため、維持費を抑えることができます。
維持費は、オイル交換や車検や定期点検、そして自動車税など非常に多くのお金がかかるため、できるだけ維持費を抑えたい人にとって最適な車の乗り方です。

違約金に注意が必要としている

中古車に限らずカーリースは注意しなければいけないポイントがあります。
その注意ポイントとなるのが、違約金です。
中途解約をしなければ違約金の必要はないと考えがちですが、しかしカーリースは違っています。
カーリースには、走行距離の上限が決められており、上限よりも距離を乗ってしまうと違約金が発生します。
どれぐらいの違約金が発生するのかは、リース会社によって異なるため、リースする前に確かめる必要があります。

もう一つ気をつけなければいけないのが、残価精算です。
中古車の場合、残価精算を必要としない場合もありますが、車種や年式などその車の価値が高くなればなるほど残価精算を必要とします。
どのくらい残価があるかはカーリース会社によって違いますので、これもしっかり確認してから契約が必要となります。
カーリースは、借りている時は費用を抑えられるけれども、満期時にお金がかかるケースが多いので十分注意して利用しましょう。

中古車を購入する際には車検の期間がなるべく残っているものにしましょう。購入後すぐに車検が必要なものは費用が余計にかかってしまいます。